法律事務所の形態とそこで働く人々

法律事務所における役職

法律事務所の中での弁護士の役職。

契約類型は雇用とは限りませんが、弁護士を雇う立場の弁護士をボス弁護士、略してボス弁 とも呼びます。 パートナーはこの一種であるとも言えるでしょう。 パートナーは組合員の意味があり、出資者としての地位を有する弁護士となります。 共同経営による法律事務所は通常は組合であり、実際には組合でなくてもパートナーと呼ぶ ことが多いようです。 パートナーは法律事務所の経営についても決定権を有し、マネージングパートナーは パートナーの中でも最高の立場にある者で、法律事務所を代表して業務を執行する執行 パートナーとも呼ばれ、弁護士法人における代表社員に相当します。 これに対してボス弁に雇われる弁護士を居候弁護士、略してイソ弁と呼びます。

【PR】エアコン修理
愛知県名古屋市を中心に業務用エアコンの取り付け・修理・工事・販売を行っています。
http://kawamo-aircon.com/

アソシエイトはこの一種であると言え、パートナーとは違い出資者ではありません。 軒下弁護士略してノキ弁というのもありますが、これは法律事務所を間借りをしているだけで、 あくまで別の個人企業として職務を行う弁護士となりますので、法律事務所における地位や 役職というものにはなりません。 客員弁護士や顧問といった役職は、出資者ではないもののアソシエイトとは区別されており それなりに尊重される立場の者に与えられます。 通常は対外的に業務を行うことはなく、引退したパートナー、学者、司法官などに与えられる 地位で、その名称もさまざまであります。